ランプ交換作業

電気設備は建物を運営する上で大切な設備であり、不具合が発生しますと建物の機能が損なわれ、すべての設備、OA、機器などの機能が止まります。

電気を正常に維持するためには日頃の定期点検、定期検査を行い、不具合がある箇所を事前に修理、改修することが必要です。受変電設備、電灯動力盤、照明器具、非常灯設備、警報設備等の不具合を事前に修理、改修することが建物を管理運営する上で重要です。

最近の施工例

電気設備の点検保守項目

  1. 受変電設備
    自主検査・耐圧試験・リレー試験・容量不足・各機器の入れ替え・他
    (キュービクル型)/(開放型)
  2. 動力盤
    ブレーカーの故障・増設・経年劣化・他
  3. 電灯盤
    ブレーカーの故障・増設・経年劣化・他
  4. 照明器具
    不点修理・老朽化・節電提案・LED化・他
  5. 非常灯、誘導灯
    老朽化・メンテナンス・不点・更新・点検・他
  6. 警報設備
    更新・修理・増設・本体交換・他

お問合せ・ご相談03-6455-1045受付時間 9:00-18:00
[ 土・日・祝日除く ]

お問合せ・ご相談 お気軽にお問合せください。